スタートライン

【美とあそぶ】緒方かな子/2 娘へのエール込め

文:福田智沙(聞き手、毎日新聞記者)

インタビュー

 新型コロナウイルスが流行し始めた2020年春、長女が大学を卒業しました。卒業式がなくなり、長女は「はかまは着ない」と言いましたが、何とか着せて。この絵はその時の一枚です。長女や次女をモデルにした絵を見た人からは「緒方さんの若い時を描いたの?」と聞かれることもあります。私と似ているからですよね。

 卒業とは、スタートラインに立つこと。夢や未来に向かっていろんなことにチャレンジしてほしいという思いを込めました。

 長女の佑奈は声優の道に進みました。よく私の仕事に影響を受けて?と聞かれますが、知らない間にスクールに入り、誰に相談することなく、自分で決めたのです。この絵は長女にプレゼントしました。これからの人生、悩んだり、行き詰まったりすることもあるでしょう。そんな時は、この絵を見て「大丈夫。何でもできるよ」と感じてもらえるといいですね。

PROFILE:

緒方かな子(おがた・かなこ)さん

1973年、広島県生まれ。90年に中條かな子の芸名でデビュー。96年にプロ野球・広島の選手だった緒方孝市さんと結婚。現在は広島を中心に芸能活動中。2023年10月に広島市内で個展を開催予定。

2022年12月26日 毎日新聞・東京夕刊 掲載

シェアする