「こんなスキー場は嫌だ!」

【美とあそぶ】鉄拳さん/2第二の夢はプロレスラー

文:鈴木梢(聞き手、毎日新聞記者)

インタビュー

 漫画家を諦めた後、目指す職業は目まぐるしく変わりました。高校を卒業して第二の夢だったプロレスラーになろうと思い、大仁田厚さんのプロレス団体に入団。でも、レフェリーとして採用されたことが分かり、辞めました。次に劇団に入りましたが、「滑舌が悪いから俳優に向いていない」と言われて断念しました。

 途方に暮れていた頃、テレビのお笑い番組「タモリのボキャブラ天国」が大人気で、芸人に興味を持ちました。学生時代から暗い方で、人を笑わせるなんて思ってもみなかったのに。お笑いブームに乗ろうと、舞台に立ちました。

 いかついプロレスラーの格好をして、スケッチブックにイラストを描いて「こんな○○は××だ」というネタをやりました。すると、驚くほどウケた。この作品は「こんなスキー場は嫌だ!」。リフトが低すぎて、いろいろなものにぶつかるなんて嫌ですよね。

鉄拳さん ©YOSHIMOTO KOGYO CO., LTD.

PROFILE:

鉄拳(てっけん)さん

1972年、長野県大町市生まれ。お笑い芸人。スケッチブックネタで人気を呼び、パラパラ漫画で再ブレーク。ユーチューブ「鉄拳パラパラ漫画チャンネル」で作品公開中。「鉄拳のパラパラマンガうつすだけドリル」(主婦の友社)を刊行。

2022年1月24日 毎日新聞・東京夕刊 掲載

シェアする